絵で見る脳と神経の病気 代表的な病気をわかりやすくご説明します

神経膠腫(グリオーマ)

グリオーマに対しては手術、放射線療法(ほうしゃせんりょうほう)、化学療法(かがくりょうほう)を組み合わせた治療が行われます。なかでも手術は腫瘍の種類を決定するだけでなく、できるだけ腫瘍を取り去るという意味でもっとも効果があり、すべての治療の基本となります。しかしグリオーマは、正常脳との境界がわかりにくい事から、ほとんどの場合、腫瘍すべてを取り去ることはできません(図)。ただし段階の進んだ腫瘍では、腫瘍の取れた量と生存期間は強く関係しており、できるだけ多く取り去ることが必要です。

東海大学病院では、世界でも数少ない手術中にMRIを用いる脳腫瘍の手術を行っており、確実かつ安全な手術を行えます。また、手術中に画像ナビゲーションシステムや腫瘍の蛍光標識(腫瘍の生体染色)も導入して、逐次腫瘍取り去る手術を行っています。しかし、単に「とにかく腫瘍をできるだけ取り去ればよい」というのではなく、本来の神経機能を傷つけてまで腫瘍を取り去る事はできません。すなわち、東海大学病院のグリオーマ手術では、「重い神経障害を遺すことなくなるべく多くの腫瘍を取り去る」という方針をとっています。このため手術中に脳波検査などを用いて、場合によっては、患者さんと手術中に会話しながら、言葉の機能を確認しながら手術する方法も行っています。

残念ながら手術によりできる限り腫瘍を取り去っても、このグリオーマはどこかに隠れて残存していることが多いです。その残った腫瘍に対して行われているのが、放射線療法と化学療法です。最近の標準的治療では、段階の進んだグリオーマには6週間(1日1回・週5回の放射線照射)の放射線療法に、テモダールという飲み薬を組み合わせて治療を行っています。放射線照射は、少し広い範囲にかける方法と、小さな範囲に絞ってかける方法(図)があります。

いずれにしても東海大学病院では、手術中にMRIを行える手術法を導入してから、腫瘍を取り去った割合は約10%向上しており、それにともなって生存期間も延長しています。しかし、平均的には生存期間が短い腫瘍であるがゆえに、患者さんの生活の質を重視したバランスの良い、個々の患者さんに合った最適な治療を心がけています。

松前光紀著「脳腫瘍の理解」クリニカルスタディvol.29,no.14,2008年 メヂカルフレンド社

イラスト:北原 功

松前光紀著「脳腫瘍の理解」クリニカルスタディvol.29,no.14,2008年 メヂカルフレンド社

イラスト:北原 功

ページの先頭へ