絵で見る脳と神経の病気 代表的な病気をわかりやすくご説明します

頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症

症状が軽い場合は、経過をみることができます。症状が強い場合や、症状が進行している場合、特に歩行に障害が出ている場合には、治療が必要となりますが、根本的な治療は、手術によって、脊髄の圧迫を取り除くことしかありません。手術には、とてもデリケートな操作が必要ですが、手術用の顕微鏡を使って、拡大された明るい術野で手術を行うことにより、安全な手術で、良い結果を得ることができます。 手術には、大きく分けて、前方から行う方法と、後方から行う方法があります。前方からの手術は、圧迫が1か所ないし2か所のみで、圧迫の程度がそれほど強くない場合に選択され、後方からの手術は、圧迫が3か所以上にある場合や、圧迫の程度が強い場合に選択されることが多いようです。

前方除圧固定術

脊髄や神経根を圧迫する病変に対し、前方からのアプローチで、病変を直接切除して、脊髄や神経根の圧迫を取り除く手術です。後方からアプローチする方法に比べて、圧迫病変を直接取り除くことができるので、よりよい症状の回復が期待できます。

アプローチの際に、病変レベルの椎間板が摘出されるため、手術終了時に、椎間板の無くなったスペースを、骨や金属製のネジなどで充填して、脊椎を固定することが必要になります。そのため、3か所以上に圧迫がある場合には、あまり使われません。

この手術は、小さい術野で、デリケートな操作が必要です。従って、手術用の顕微鏡を使うことが、必須となります。半面、とても侵襲の少ない手術で、負担も軽く、早期に生活に復帰できます。

椎弓形成術

後からアプローチして、脊髄の後ろ側にあるアーチ状の骨(椎弓)を拡げることにより、脊髄の圧迫を取り除く方法です。3ヶ所以上に圧迫のある場合にも対応でき、比較的侵襲も少なく、症状をよくすることができます。

予後

症状が進行性であれば、タイミングよく手術を考えることが重要です。基本的に、症状が軽いうちに手術をすれば、良好な回復が期待できます。一方、症状がある程度以上進行してしまうと、手術による回復も、不十分となる可能性が出てきます。

ページの先頭へ