くも膜下出血 絵で見る脳と神経の病気

くも膜下とは?
症状
原因
検査
治療法

ほとんどが脳動脈瘤からの出血です

くも膜下出血の原因は、くも膜下にはり巡らされた脳の栄養血管である動脈の一部が切れる事でおこります。くも膜下出血を発症した方の約8割から9割は、「脳動脈瘤」と呼ばれる動脈のコブからの出血です。

脳動脈瘤は、大きくなって周りの神経や脳の働きを妨害する症状で発見される事もありますが、ほとんどは切れる瞬間まで無症状です。ほとんどの脳動脈瘤は動脈が枝分かれする部分にできます。また、脳全体を覆う様に広がる動脈の始まりである脳の底(脳底部)によく見られます。

くも膜下出血の原因:脳動脈瘤

くも膜下出血の原因:脳動脈瘤

くも膜下出血の原因のほとんどは、脳動脈瘤からの出血です

その他のくも膜下出血の原因には、脳血管の壁が裂けて出血する場合(脳動脈解離)、けがで血管が切れる場合、脳血管の奇形である脳動静脈奇形から出血する場合、血液の病気や内臓の病気で血が止まりにくいために出血する場合、などがあります。また、色々と検査をしても原因が突き止められない場合もあります。


ページの上に戻る

Copyright(C)2005 Department of Neurosurgery Tokai University Hospital Allrights Reserved.
病院ホームへ リンク 交通案内

〒259-1193 伊勢原市下糟屋143 東海大学病院脳神経外科 TEL 0463-93-1121 FAX 0463-91-1295(脳神経外科直通)
当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止します。