絵で見る脳と神経の病気 代表的な病気をわかりやすくご説明します

脳動静脈奇形

開頭手術、放射線、カテーテル手術で行います

脳動静脈奇形そのものに対するクスリの治療はありません。脳動静脈奇形からの出血をふせぐためには、手術が行われます。出血した脳動静脈奇形ではもう一度出血を起こす(再出血と呼びます)危険を、出血を起こしていない場合は将来の出血の危険を軽減させる事を目的とした手術になります。脳内出血をおこした場合は、脳内出血の治療として手術が行われる事もあります。また、けいれん発作を起こした場合は、けいれんを抑える薬が必要になります。

開頭手術

脳血管造影で詳細な診断を行った後で、開頭術(頭蓋骨の一部分を開き、直接病気を観察して手術する方法)で摘出を行います。脳動静脈奇形の本体は、脳細胞の栄養に関係が無いので、入り口(周囲の正常な脳細胞の栄養に関係している動脈と、病気への動脈の分かれ道)と出口(病気の血液のみが流れている静脈と、周囲の正常な脳細胞からの血液も流れている静脈の合流点)を見つけだして、遮断、切除する手術になります。病気の大きさや部位、出口の場所などによって治療の難しさを区別する方法(グレード分類)が考えられており、手術で安全に全部摘出できるタイプから、極めて治療が困難なタイプまで存在します。

放射線治療(ガンマナイフ)

手術治療が困難な部位の病気に対して、放射線治療が行われます。特に、ガンマナイフと呼ばれる方法は、小さな病変に対して正確にかつ集中的に放射線治療を行う事で、動静脈奇形を閉塞させる治療法です。

カテーテルによる塞栓術

股のつけねの血管(大腿動脈)から入れたカテーテルと呼ばれる細い管を血管の中を通して、頭の中の病気の血管の入り口まで誘導します。このカテーテルの中を通して塞栓物質(血管を閉塞する液体の薬です)で、脳動静脈奇形本体とそれに血液を送る血管を閉塞します。頭蓋骨をひらかずに治療ができるため、低侵襲手術(身体に負担が少ない手術)になります。カテーテル手術だけで治療できることもありますが、ガンマナイフ治療や開頭手術と組み合わせて行う事もあります。東海大学病院では、豊富な経験に基づき、積極的にこの治療法を活用し、より効果的で安全性の高い治療法を行っています。

カテーテルによる塞栓術

カテーテルによる塞栓術

カテーテルによる塞栓術

細いカテーテルを、動脈を通して動静脈奇形直前まで入れ、液体塞栓物質を流して動静脈奇形をつめます。

カテーテルによる塞栓術で動静脈奇形をつめて、動静脈奇形の大きさを小さくします。残った部分にガンマナイフ(放射線治療)を行うと、その後の血管造影で動静脈奇形はうつらなくなりました。

ページの先頭へ