絵で見る脳と神経の病気 代表的な病気をわかりやすくご説明します

脳動静脈奇形

CT、MRI、血管造影です

出血を起こしていない動静脈奇形でも、画像診断(CTスキャンやMRI 検査)でわかることがあります。疑わしい変化を認めた場合は、カテーテルによる脳血管造影を行って最終的な診断を行います。出血を起こした場合は、CTスキャンやMRIではくも膜下出血や脳内出血として診断されます。この出血の原因を検査するための脳血管造影などにより、最終的な診断に至ります。

脳動静脈奇形の血管造影

脳動静脈奇形の血管造影

通常の血管造影で、動脈(赤矢印)と静脈(青矢印)が異常な血管(黄矢印)でつながってみえます。

3D血管造影では、立体的にみえます。

ページの先頭へ