脳動静脈奇形 絵で見る脳の病気

脳動静脈奇形とは?
症状
診断
治療法


出血を起こしていない場合は、画像診断(CTスキャンやMRI 検査)でふるい分ける事ができます。疑わしい変化を認めた場合は、脳血管撮影を行って最終的な診断を行います。出血を起こした場合は、CTスキャンやMRI検査はくも膜下出血や脳内出血として診断されます。但し、出血の原因を検査する為に脳血管撮影が行われますので、最終的に診断に至ります。


<脳動静脈奇形の血管撮影画像>

脳動静脈奇形の血管撮影画像


脳動静脈奇形の血管撮影画像

ページの上に戻る

Copyright(C)2005 Department of Neurosurgery Tokai University Hospital Allrights Reserved.
病院ホームへ リンク 交通案内

〒259-1193 伊勢原市下糟屋143 東海大学病院脳神経外科 TEL 0463-93-1121 FAX 0463-91-1295(脳神経外科直通)
当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止します。