髄膜腫 絵で見る脳と神経の病気

髄膜腫とは
症状
診断
治療法


小さい腫瘍は無症状ですが、やがてゆっくり大きくなると脳や神経を圧迫して様々な症状を出します。腫瘍が発生した場所に特徴的な、手足の運動障害、手足の感覚障害、視野障害、聴力障害などが様々に組み合わさり症状として出ます。その他腫瘍が大変大きくなると、頭痛、嘔吐、目がぼやける、意識が薄れるなどの症状が出ることがあります。その他、眼が少し前のほうに出たり、また頭蓋骨が盛り上がるなど外見上の問題を合併することもあります。また腫瘍が重要な血管を巻き込んで成長すると、脳梗塞に似た症状を出す場合があります。
Copyright(C)2005 Department of Neurosurgery Tokai University Hospital Allrights Reserved.
病院ホームへ リンク 交通案内

〒259-1193 伊勢原市下糟屋143 東海大学病院脳神経外科 TEL 0463-93-1121 FAX 0463-91-1295(脳神経外科直通)
当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止します。