絵で見る脳と神経の病気 代表的な病気をわかりやすくご説明します

脳動静脈奇形

脳の血管の生まれつきの病気です

通常、動脈(酸素と栄養を運ぶ血液を流す血管)は枝分かれをし、細くなった後で毛細血管になります。毛細血管では直接、細胞(脳では神経細胞も含めた脳細胞)に酸素と栄養を渡し、二酸化炭素と老廃物を受け取って血液に戻します。この血液を流す毛細血管が集まって静脈となり、心臓へ戻る仕組みになっています。生まれる前のおかあさんのお腹のなかにいるときに、脳の血管は動脈と静脈、毛細血管に分かれます。その際に、脳の血管の一部が毛細血管にうまく分かれることができなくなり、かわりに異常な血管で動脈と静脈が直接つながってしまうことで脳動静脈奇形になります。脳動静脈奇形を流れる血液は酸素と栄養の交換に関係が無くなり、本来は毛細血管に細かく広がる事で分散される動脈の圧力が、直接静脈に加わります。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は動脈と静脈が異常な血管でつながっています。異常な血管の塊を「ナイダス」といいます。

ページの先頭へ