パーキンソン病 絵で見る脳と神経の病気

パーキンソン病とは?
症状
パーキンソン病 こんな症状も
原因
検査
治療法
脳手術について詳しく
脳手術でもう一度あのころの自分を取り戻す
脳手術を受けるチャンス
東海大学病院パーキンソン病治療チーム


めずらしい病気ではなくなってきています

主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。パーキンソン病は50歳、60歳代で発病することが多いのですが、70歳代以上の高齢で発病する方も稀ではありません。また、時には40歳前に発病する方もいます。一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、年齢の若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が解ってきています。


国内パーキンソン病患者 10万人以上

次のページへ >>

ページの上に戻る

Copyright(C)2005 Department of Neurosurgery Tokai University Hospital Allrights Reserved.
病院ホームへ リンク 交通案内

〒259-1193 伊勢原市下糟屋143 東海大学病院脳神経外科 TEL 0463-93-1121 FAX 0463-91-1295(脳神経外科直通)
当サイトにあるページの全てまたは一部、画像及び文章等の無断複写及び無断転載を禁止します。